円形脱毛症の治療と波動療法の永野医院 円形脱毛症の治療と波動療法 
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 S.H 小林ビル 3F TEL:03-5371-0386 FAX:03-5371-0380
HOME > 症例紹介 > アトピー性皮膚炎
脱毛の症例
脱毛の波動療法
治療データ
イボの症例
ウツの症例
アトピー性皮膚炎
潰瘍性大腸炎
頭皮針治療
アトピー性皮膚炎 症例 - 4
性別:男性
年齢:30才
初診 H22.6.19
主訴:アトピー性皮膚炎
経過:乳児期に発症。毎日全身にステロイドを外用している(パンデル、デルモゾール)
カユミのために引きこもり状態になり、ようやく説得し治療するなった
初診時からステロイドの概要を中止した所強いリバウンドが起きたがどうにか乗り切った
症状は改善しているが、白血球のバランスは改善されてはいない
体が治って睡眠が取れるようになれば、リンパ球も増えると思われる
10月になり症状が改善してから、人が変わったように明るくなった

6/16 初診時
ステロイドにより安定

7/15
激しいリバウンド

8/19
徐々に安定

9/16
改善

6月19日 初診
ステロイドにて症状安定

8月19日
リバウンド

10月7日
症状回復