円形脱毛症の治療と波動療法の永野医院 円形脱毛症の治療と波動療法 
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 S.H 小林ビル 3F TEL:03-5371-0386 FAX:03-5371-0380
HOME > 症例紹介 > 脱毛の症例
脱毛の症例
脱毛の波動療法
治療データ
イボの症例
ウツの症例
アトピー性皮膚炎
潰瘍性大腸炎
頭皮針治療
円形脱毛症 症例 -48
性別:女性
年齢:30代

職業:主婦
現病歴:
1年間くらい家の建て直しや姑の介護などの心労が続いていた。1ヵ月前に頭皮にカユミが見られ、H10年1月に脱毛が始まり、1週間で全脱毛になった。大学病院で加療するも効果なく、4月には眉、まつげも抜け、発症から6ヵ月後に当院を受診された。
治療経過:
治療は針、育毛剤、シャンプーと波動治療を併用し、およそ3ヵ月で産毛が出て、一年後にはっきりと黒い硬毛が認められた。初診から1年半後には略治の状態になった(家庭の事情で治療を中止した)

本人コメント:
何でも良いからやって貰ってはやく治りたかった。自分ではいつも不安があったけれど、先生と娘が「良くなっている」と励ましてくれたのが支えになった。

平成10年6月 初診

平成11年5月

平成11年11月 略治
院長コメント:
脱毛の前に頭皮の炎症症状が見られる場合があります。この症状がはっきりしているときは、毛根の障害も強いので脱毛が急速に進む事があります。