円形脱毛症の治療と波動療法の永野医院 円形脱毛症の治療と波動療法 
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 S.H 小林ビル 3F TEL:03-5371-0386 FAX:03-5371-0380
HOME > 症例紹介 > 脱毛の症例
脱毛の症例
脱毛の波動療法
治療データ
イボの症例
ウツの症例
アトピー性皮膚炎
潰瘍性大腸炎
頭皮針治療
円形脱毛症 症例 -83 ステロイド内服が有効と思われる例
性別:女性
年齢:47才 主婦
初診:平成1年9月19日
経過:
平成1年4月に発症、8月に急激に悪化。他院での皮膚生検で炎症があると言われ、ステロイド内服の適応と判断し、3週間のリンデロン内服を行なう。波動治療、針治療、育毛剤、シャンプーで治療を行い、平成2年3月には発毛が著明となり、6月には略治となったが、10月に一部再発したため治療を続け平成2年には完治。
本症例もリンパ球比率は正常であり、回復は容易と思われる。
皮膚生検をする症例はあまり多くないが、炎症所見が見られた事はステロイドが有効である根拠となると考えられる。

H01.11.15:2ヵ月目 最も悪い状態

H02.3.16

H02.6.20:再発

H02.10.5:一部再発