円形脱毛症の治療と波動療法の永野医院 円形脱毛症の治療と波動療法 
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 S.H 小林ビル 3F TEL:03-5371-0386 FAX:03-5371-0380
HOME > 症例紹介 > 脱毛の症例
脱毛の症例
脱毛の波動療法
治療データ
イボの症例
ウツの症例
アトピー性皮膚炎
潰瘍性大腸炎
頭皮針治療
円形脱毛症 症例 -92 ストレスにより全頭脱毛を繰り返した例、リンパ球%が低値が関係あるか?
性別:男性
年齢:17才 学生
初診:平成1年3月15日
経過:
3年前に発症し、全頭になる。大学病院での治療を受けるが、産毛から伸びてこない。

治療経過:
針治療、育毛剤、シャンプーで1年くらいで良好な回復態勢に入り、平成3年1月には略治直前まで回復。ところが平成17年にストレスで再び悪化(11月5日写真)。9月には回復した。この方は肉体的には全く問題ないように見えるが、リンパ球比率が20~25%、リンパ球数100~1400と少なく、今考えると、生活面での指導が必要だったと考えている。
H3/8/17  10/12  H4/4/7  10/20  H5/4/3 
白血球数 5600 5200 5100 49 5100 5400
リンパ球% 20.8 26.3 23.4 30.1 25.2 23.6
リンパ球数 1164 1367 1193 1474 1285 1274
顆粒球% 69.1 65.2 64.2 59.9 63.4 67.5

H01.5.28:針1年後順調

H02.1.30:治癒

H03.11.5

H04.9.20