円形脱毛症の治療と波動療法の永野医院 円形脱毛症の治療と波動療法 
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 S.H 小林ビル 3F TEL:03-5371-0386 FAX:03-5371-0380
HOME > 症例紹介 > イボの症例
脱毛の症例
脱毛の波動療法
治療データ
イボの症例
ウツの症例
アトピー性皮膚炎
潰瘍性大腸炎
頭皮針治療
イボの治療 症例 -13
性別:男性
年齢:

白血球 9500、リンパ球 18.2%、リンパ球数 1747、顆粒球 72.4%

とても強い交感神経緊張状態を表しています。
その結果免疫系が上手く働かなくなっているので、イボウイルスを感知できない状態だと思います。
足の裏にイボ(ウイルス性のイボ)ができ、冷凍治療を13回ほどしましたが、かんばしくなく、冷凍治療を受けるのが怖くなってきました。さらに先週 手と踵に1箇所づつ新しくイボができ、このままでは生活に支障をきたしそうです。インターネットを拝見し新しい治療を行ってらっしゃることを知りました。
また子供の足にうつったようで大変心配しております。
おかげさまで、足裏、指ともいぼはきれいになりました。
最後に右足裏の部分が今年の七月くらいに良くなりました。
子供のイボは、昨年中によくなりました。