円形脱毛症の治療と波動療法の永野医院 円形脱毛症の治療と波動療法 
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 S.H 小林ビル 3F TEL:03-5371-0386 FAX:03-5371-0380
HOME > 院長コラム > 脱毛症の治療から21世紀波動医学へ
波動療法について
脱毛症の治療から21世紀波動医学へ
Vol.1 - Vol.9
Vol.10 - Vol.19
Vol.20 - Vol.29
Vol.30 - Vol.39
Vol.40 - Vol.49
Vol.50 - Vol.59
Vol.60 - Vol.69
Vol.70 - Vol.79
Vol.80 - Vol.89
Vol.90 - Vol.99
Vol.40 2007.7.8
(第二章)マイナス思考のプラス意識への転換
4.ゴルフのレッスンの例え
自分のコツについて、ゴルフのレッスンの事を考えていたら、ゴルフをやる人にはとてもわかりやすい例えを思いつきました。
もちろんテニスとか、水泳、野球、何でもよいのですが自分が興味をもっているスポーツや習いごとを思い出してください。
私はゴルフ一辺倒なので、ゴルフを例に取り上げます。練習場でものすごく調子の良い時があります。ところが数日経ってもっとうまく打てるだろうと思って行くと当たりが止まってしまいます。「こんなはずはない、こう打てばいいはずだ」とスイングをいじりだすとかえってスイングが崩れだし、どんどん悪くなっていきます。こんな経験は皆さん有ると思いますが、私などは毎回この繰り返しです。ところが上手なレッスンプロがワンポイントのアドバイスをすると元のように当たり出します。「素人が自分なりに工夫して良いと思った方法でスイングをいじり出すとますますスイングが崩れ、名人が教えると数発打っただけでポイントをなおしてしまうということです。」
トクの法則はレッスンプロの役割を果たしてくれているように思います。この1週間くらい私はあまり説明もせず、測定だけをするようにしているのですが、それでも皆さん充分満足して(納得して)いるようです。という事はプリントに書かれている内容が自分にとって大きなアドバイスになっていて、ゴルフのナイスショットが打てるようになっているのだと思っています。
「あまりいじくり回すコーチに名人はいない」といわれますから、私もあまりいろいろ言わずにワンポイントアドバイスに徹しようかと思っています。
<< BACK NEXT >>