円形脱毛症の治療と波動療法の永野医院 円形脱毛症の治療と波動療法 
〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 S.H 小林ビル 3F TEL:03-5371-0386 FAX:03-5371-0380
HOME > 症例紹介 > 潰瘍性大腸炎
脱毛の症例
脱毛の波動療法
治療データ
イボの症例
ウツの症例
アトピー性皮膚炎
潰瘍性大腸炎
頭皮針治療
16才高校生 潰瘍性大腸炎 初診H22年8月23日
14才の時(中学2年)腹痛と下血があり、15才で大腸カメラで潰瘍性大腸炎と診断
初診時:ペンタサ8T、プレドニン4T、ロイケリン2T プレドレマ(プレドニン)注腸で治療
知人に波動療法を紹介されて受診
波動水を飲み始めてから9月に強い腹痛が3日間あったがその後痛みが無くなり通常便で出血も無く経過した
12月には2回目の波動治療を行ない、ステロイドも減量した
H23年になって全ての薬を中止したが、快調で主治医も首をひねっている
26才男性、潰瘍性大腸炎
経過:
18才で発症、ステロイド療法を5年間続ける
21才から地元の先生に刺絡療法を5年間受け、症状は安定していた
26才に過程の事情で上京する事になり、当院を紹介された(ステロイドなどは服用せず)
1日に2回くらいの軟便があるが、出血も無く安定していた
血液検査:
リンパ球は40%代であったが、白血球数が2500~2900と少なく、生命エネルギーの枯渇状態を思わせた
治療経過:
すぐに波動療法を行なったが、波動水を飲んで2週間後に有形便が出て、トイレの回数が減ったという事であった
しかし、エネルギーはなかなか上がらず、2ヵ月かかってようやくエネルギーが安定した
考察:
前医の治療で症状は安定していたが、生命エネルギーの枯渇状態であった事から治癒に至らなかったものと考えられ、生命エネルギー(気)の治療の大切さを示す症例と考えている